« 「ザ・インタープリター」 | Main | 「魔法使いハウルと火の悪魔」 »

「ミリオンダラー・ベイビー」

million
ミリオンダラー・ベイビー
ジャンル : ヒューマン
製作年 : 2004年
製作国 : アメリカ
配給 : ムービーアイ=松竹
2005/05/28公開

監督・製作 : クリント・イーストウッド

出演 : クリント・イーストウッド
     ヒラリー・スワンク
     モーガン・フリーマン ほか

公式サイト:http://www.md-baby.jp/

【story】
「自分を守れ」が信条の老トレーナー、フランキーは、23年来の付き合いとなる雑用係のスクラップと、昔ながらのジム、ヒット・ピットでボクサーを育成している。有望株のウィリーは、教え子を大事に思う余りタイトル戦を先延ばしにするフランキーにしびれを切らし、別のマネージャーの下へと去ってゆく。そんな折、フランキーの前に現れた女性ボクサー、マギー。マギーはフランキーの指導を乞うが、昔気質のフランキーは女のボクサーを認めようとしない。だが連日ジムに通い詰めるマギーの一本気さに、やがてフランキーの心も揺り動かされ始めるのだった。
(goo映画より)


思っていた以上に、とてもとても重いテーマで・・・。

観終わった後の帰り道、深夜の道路を車で走りながら、いろいろ考え込んでしまいました(^-^;


ヒラリー・スワンクが演じる女性ボクサーが、トレーナーのイーストウッドと元ボクサーのモーガンフリーマンの力を借りて、30歳を過ぎて本格的にトレーニングを開始し、タイトル戦のオファーがくるまでに成長していく話しです。

それぞれの家族愛や怪我や過去を抱えて闘い続ける。
そして昇り詰めた先に待っていたものは、さらに過酷な運命だった・・!

というカンジでしょうか?

まだ観てない方も多いと思うので、ネタバレにならないように詳しくは避けますが、
とにかくヒラリー・スワンクの演技がすごい!

見事な胸筋や縦に割れた腹筋など、肉体改造もすごいけど、その表情というか目が訴えかける演技力が素晴らしいです。

そして、あたしの大好きなモーガン・フリーマンは今回もプライド高き愛に満ちた男を演じてくれてます♪

会場内では啜り泣きの声も聞こえていました。
(あたしは泣きのツボじゃなかったので冷静に観てましたが^^;

とても重く、大きなテーマを扱った一作。
興味のある方は是非ご覧下さい♪(*'-'*)v

|

« 「ザ・インタープリター」 | Main | 「魔法使いハウルと火の悪魔」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44873/4378391

Listed below are links to weblogs that reference 「ミリオンダラー・ベイビー」:

« 「ザ・インタープリター」 | Main | 「魔法使いハウルと火の悪魔」 »