« September 2004 | Main | November 2004 »

フェスタin大谷

本日、塀や門扉に使われる石の産出で有名な大谷でのイベントに参加。

前夜の大雨がウソのように晴れた♪
このところ、雨に降られ通しの野外ライブ。
晴れた野外ステージに立つのはGWのMiyaギグ以来かな?
同じ水音でも、豪雨と渓流では全く趣が違うね(笑)

Continue reading "フェスタin大谷"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こうさぎ同盟

日記のほうに設置してある「Blog Pet こうさぎ」。
最近、あたしのBlog仲間の間でもほのかに流行の兆しあり。
そんな今日この頃、こうさぎを設置しているオーナーが集う「こうさぎ同盟」なるものを発見。
早速サイドバーにバナーリンクを作り、参加申請をしてきました♪
他にも「こうさぎ」関連のサークルがいろいろある様子。
これからもっとリンクが増えるかも~♪^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウィルス感染

いやぁ、久々にやられました^^;

心当たりは海外の音楽配信サイト。
やられた!って感じです(自業自得)

今回拾ってしまったのは一種のブラクラウィルス。
IEから別のウィンドウを開くたびに、「xlime.offeroptimizer.com」という別ウィンドウが起動してしまうもの。
内容は日本語の広告だったり、英語のダウンロード要求だったりの数種類。
どんなサイトやねんっ!とムカついてURLを打ち込んで飛んでみたら、サイトは開かずブラウザそのものが落ちやがる(-_-;;
半日に一桁の頻度なのでそれほど邪魔ではなかったものの、会社の端末なので放置するわけにもいかず駆除することに。(いやそういう問題じゃないって!w)

Continue reading "ウィルス感染"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゴスペル

本日、ディレクターによる練習日。

毎度のごとく残業で到着したのは20:30近く。
丁度今度のクリコン用の新曲(赤鼻のトナカイ)の練習が始まったところでラッキィ♪
残り2ヶ月を切っているというのに、これから新曲を2曲仕上げるというのだから、練習を休むわけにはいかない。
これから本業も忙しくなる時期(クリスマス商戦)だし、去年同様、いや、去年以上に忙しくなりそうだ^^;

Continue reading "ゴスペル"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鶏つくね鍋&マグロのタタキ風サラダ

今年の秋初めて土鍋を引っ張り出した。

今日のメニューはナンコツ入り鶏つくね鍋とマグロのタタキ風サラダ。
有り合わせ&適当味付けの2品なので、冷蔵庫の残り物と相談しながらお気軽にどうぞ♪
(そんなわけでレシピってほどのものはありませんw)

Continue reading "鶏つくね鍋&マグロのタタキ風サラダ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こうさぎ♪

日記編(何せうぞくすんで・・・2)で飼ってる「Blog Pet こうさぎ」の「ぷるる」な話題。

この「ぷるる」、クリックするとお喋りするの御存知でしたか?
日記の中にある単語をランダムに拾ってきて喋るらしく、思いがけない単語が出てきて結構笑えます(笑)
是非一度と言わず、二度三度、クリックしてやってください。
帰っていくときに可愛いお尻も見られます(='m')ウププ

で、この「ぷるる」を気に入ってくれた友人が、本人のBlogサイトに「みーたん」というこうさぎを飼い始めました。

Continue reading "こうさぎ♪"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

「誰も知らない」

daremosiranai.JPG
TOHOシネマズで「誰も知らない」を観て来ました。
今年のカンヌ映画祭で最優秀男優賞を受賞した「柳楽優弥」君を始めとして、5人の子供達の1年を描いた映画です。

【story】
トラックからアパートに荷物が運び込まれてゆく。引っ越してきたのは母けい子(YOU)と明(柳楽優弥)、京子(北浦愛)、茂(木村飛影)、ゆき(清水萌々子)の4人の子供たち。だが、大家には父親が海外赴任中のため母と長男だけの二人暮らしだと嘘をついている。母子家庭で4人も子供がいると知られれば、またこの家も追い出されかねないからだ。その夜の食卓で母は子供たちに「大きな声で騒がない」「ベランダや外に出ない」という新しい家でのルールを言い聞かせた。

子供たちの父親はみな別々で、学校に通ったこともない。それでも母がデパートで働き、12歳の明が母親代わりに家事をすることで、家族5人は彼らなりに幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、母は明に「今、好きな人がいるの」と告げる。今度こそ結婚することになれば、もっと大きな家にみんな一緒に住んで、学校にも行けるようになるから、と。

ある晩遅くに酔って帰ってきた母は、突然それぞれの父親の話を始める。楽しそうな母親の様子に、寝ているところを起こされた子供たちも自然と顔がほころんでゆく。だが翌朝になると母の姿は消えていて、代わりに20万円の現金と「お母さんはしばらく留守にします。京子、茂、ゆきをよろしくね」と明に宛てたメモが残されていた。

この日から、誰にも知られることのない4人の子供たちだけの"漂流生活"が始まった―――。
                                          [公式サイトより引用]

Continue reading "「誰も知らない」"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

「エクソシスト ビギニング」

exorcist.JPG

TOHOシネマズにて「エクソシスト ビギニング」を観てきました。

1973年に公開された「エクソシスト」で、悪魔が取り憑いた少女リーガンを救う唯一の手段として、悪魔祓い(エクソシズム)を行い、儀式の最中に命を落としてしまったランケスター・メリン神父。
取り憑いていた悪霊パズズは何故メリン神父の名を知っていたのか。
そして、何故メリン神父は悪魔祓い師(エクソシスト)になったのか。
また、メリン神父がアフリカで行っていた悪魔祓いとは?
リーガンの事件から遡ること25年前のメリン神父の過去が語られ、ついにこれらの疑問が解き明かされる。

Continue reading "「エクソシスト ビギニング」"

| | Comments (1) | TrackBack (4)

ボイストレーニング

木曜日の定例練習の予定だったが、急遽変更でボイストレーニングとリード練習になった。
(予定外だったのでお誘いできずスマヌ>某友人)

今日は体力(筋力)トレーニングは抜きで、発声のみ。
姿勢に注意をして、低音での喉の開き方、高音の裏声の出し方、中音のMIXボイスの練習。
やはり何度やっても地声と裏声の切り替えは難しい^^;

Continue reading "ボイストレーニング"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「セックス・ボランティア」


河合香織著の「セックスボランティア」読了しました。

【出版社の紹介文】
障害者だってやっぱり、恋愛したい。性欲もある。
──その思いを満たすための「性の介助」の現実とは? 
彼らの愛と性に迫るノンフィクションの意欲作。

Continue reading "「セックス・ボランティア」"

| | Comments (8) | TrackBack (1)

「ツイステッド」

twisted.JPG

MOVIXにて「ツイステッド」を観て来た。

【story】
きっかけは、海に浮かぶ変死体。サンフランシスコ市警の女刑事の禍々しい悪夢が始まる。それは、”私”と関係を持った男が、次々と殺されていく・・・という悪夢。記憶の奥底で眠っていた25年前の惨劇が蘇る。”私”の精神は、本当に「正常」なのか?指に残る血痕、記憶のない火傷、眠っている間に何かが起きている。だから、もう眠りたくない。4つめの惨殺死体が発見されたとき、”私”はその真実に愕然とする・・・。

Continue reading "「ツイステッド」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エビマヨ♪

カロリーが高いのでついつい敬遠していた「エビマヨ」(エビのマヨネーズ炒め)。
久しぶりに作ったところ彼から大絶賛だったので、気を良くして作り方などUPしてみようかと(笑)

【材料】
・エビ(あたしは特売の12尾\298のものを使用w)
・玉葱(半個を櫛切)
・卵2個
・小麦粉(衣用:卵2個に対して1/2カップ、下ごしらえ用:適宜)
・塩・胡椒・酒・生姜の搾り汁少々(下味用)
・マヨネーズ(1/3カップ・・・お好みで増減してください)

Continue reading "エビマヨ♪"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「身も心も」


栗本薫著の「身も心も 伊集院大介のアドリブ」、読了しました。

【story】
『ボディ&ソウル』を演奏するな天才サックス奏者・矢代のもとに、不可解な脅迫状が届いた。犯人の指示を無視し、その曲を吹き始めたとき…。
『ボディ&ソウル』を演(や)るな最初はたった1行の脅迫状だった。『イージー・リヴィング』『バイバイ・ブラックバード』…天才と巡り合った名探偵に届いた最後の“禁止曲”とは?
                               [-amazonより引用-]

Continue reading "「身も心も」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「暗黒館の殺人」


綾辻行人著「暗黒館の殺人
」、ようやく読了いたしました。
いやぁ、長かった^^;

全体の印象としては「囁きシリーズ」。
でも、やっぱりラストはしっかり「館」なオチですので御安心を♪

Continue reading "「暗黒館の殺人」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ドラム・ライン」

DVDで「ドラムライン」を観ました。
公開中に見逃して、先日コンビニでDVDが販売されているのを見て思わずGET!

【story】
スポーツ競技の12分間のハーフタイムに、全米の大学から選び抜かれたマーチング・バンドが、バンド・バトルの優勝を賭けて、究極の妙技を競い合う。

Continue reading "「ドラム・ライン」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MiyaJazz2004

本日、ミヤジャズ2004に出演のため、ステージ隣にある小学校の体育館に正午に集合した。

この小学校の体育館は二階建てになっており、一階が体育館、二階は講堂を兼ねていて、ステージにはグランドピアノとエレクトーンが置いてある。
先週に引き続き、野外ステージなのにも関わらず生憎の雨となったが、先週の嵐のような風とどしゃぶりに比べればどうということもない(のか?w
出演は14:45からなので、まずは発声練習と演奏曲のリハを兼ねたお浚いをすることに。

Continue reading "MiyaJazz2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »