« マグロのオリエンタルサラダ | Main | 「スィングガールズ」 »

「ヴィレッジ」

vilegge.JPG

ヴィレッジ」を観てきました。

1987年・ペンシルヴァニア州。
深い森に囲まれたその村は、外界から完全に孤立していた。
村人達は家族のような強い絆で結ばれ、地上の楽園のような理想の共同体を築いていたが、その生活には不気味な掟が存在していた。
「禁断の森には入ってはならない」
「赤い色は森に住む彼らを呼び寄せる不吉な色」
「掟を守る限り、村人に危害は及ばない」
しかし、その20年に渡る和解は、ある日突然破られ、凄惨な事件が起こる。
愛する人を助けるためには「禁断の森」に入らねばならない・・・。

というようなストーリーなのですが、
「シックスセンス」や「サイン」を作った監督ということで、
「森に住む彼ら」と人類の闘い(?)のような、オカルトかホラーを想像して観に行きました。

上映が終わり、照明が点いて、場内にいた人々が出口に向かう途中、
「へぇ、こういう映画だったのねー」と口々に言っていたところをみると、他の皆さんも多分あたしと同じようなイメージを持って観に行かれていたのだと思います。

詳しく話すとネタバレになってしまうので割愛しますが、いい意味で予告に裏切られる映画です。
オカルトやホラーが苦手な方にも是非観ていただきたい♪
あたしはとても楽しめました^^

公式サイトの一番下にある、
7つのwhy」をごらんになってから観に行かれるといいかもしれません。

あたしは基礎知識なしで観に行ったので、後半までまったく謎がわからないまま観ていました(笑
(それはそれでとても楽しかったです♪)

そして、観終わった人専用の、ネタバレBBSが公式サイトにあるのも秀逸(笑)
そこに入るには映画を観ないとわからないキーワードが必要なのですが、映画をご覧になった方は是非一度覗いてみる事をお勧めします。
貴方が感じた疑問や、納得した謎が、きっと誰かによって書かれているに違いありません♪

それにしても、なんで安全な色が「黄色」なんだろう(´ ▽`).。o○←未だに謎w


で、映画とは離れますが、思い出した本をひとつ御紹介。

「小川未明」という童話作家をご存知でしょうか?
「赤い蝋燭と人魚」を書いた人と言えばお分かりになるかと思います^^

この人が書いた童話で、「赤いガラスの宮殿」という作品があります。
現実社会に裏切られ傷つけられた人々が暮らすために作られたユートピア。
最後は風で粉々に散ってしまうのですが。。。

人間の、弱さとは、強さとは、傷みとは、優しさとは・・・?
いろいろと考えさせられる作品です。

興味のある方は、是非こちらも御一読くださいね♪
(特に映画をご覧になった方にはお勧めです♪)

|

« マグロのオリエンタルサラダ | Main | 「スィングガールズ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44873/1441138

Listed below are links to weblogs that reference 「ヴィレッジ」:

« マグロのオリエンタルサラダ | Main | 「スィングガールズ」 »